hearty's casket

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Gentle Rain

激しく降り続き雨量の多い今年の梅雨だが、今朝は春雨のような静かな優しい雨が窓越しの空気を満たしていた。

傘を片手にフラリと近くを散歩。雨こそシャターチャンス、被写体が見え隠れしている。雨の雫があちこちで踊っていた。
b0286017_23095663.jpg
b0286017_23081458.jpg
b0286017_23104747.jpg

b0286017_07460644.jpg

b0286017_23093220.jpg
b0286017_23125703.jpg


[PR]
by dolphy_51 | 2014-06-23 07:50

Open field vegetables

写真散歩の途中、神社近くの裏通りで朝捥ぎの不揃いな路地物野菜たちが無人売り場に置かれていた。

その安さに思わず買い求める。

なんとこれで300円!
地元野菜美味美味
b0286017_23110484.jpg
b0286017_18342078.jpg
b0286017_07583188.jpg
b0286017_08025361.jpg
b0286017_07573853.jpg
b0286017_07594396.jpg
b0286017_07565351.jpg

[PR]
by dolphy_51 | 2014-06-22 23:39

知好楽

2年ほど前から月に数回写真塾に参加している。

その内容は写真撮影の技術的な事ばかりでなく、撮影に向かう心の準備や工夫、被写体発見につながる興味/関心/好奇心の大切さ、楽しく撮影する事、そして撮影対象への感性/感動/感謝といった写真撮影ばかりでなく人生哲学にも通じる師匠の講義が毎回脱線気味に進んでゆく。

今日は「知好楽」という孔子の論語の一説が話に出た。
学生時代にひょっとしたら習ったかもしれないが、記憶白紙状態。
ここで再記憶しておこう。

子曰
知之者不如好之者
好之者不如楽之者
    
師匠は言った
「知っているだけの人は好んでやっている人にかなわない 好んでやっている人も楽しんでやっている人にはかなわない」

と言う解釈になるらしい。

なぜだろうと考える『知』
旺盛な好奇心の『好』
オープン・マインドにする『楽』

我らが師匠の常にぶれない「写真を楽しむ」というテーマがしっかりと繋がった。


『好きこそ物の上手なれ


ちなみに英語訳はこうなるらしい。

The Master said, One who only knows it is no match for one who likes it. 
One who only likes it is no match for one who enjoys it.


ブランコに乗ったのはいつだったろう・・・・・・・
b0286017_01100069.jpg
b0286017_01052086.jpg

[PR]
by dolphy_51 | 2014-06-01 01:12