hearty's casket

本日の勉強  サミュエル・ウルマン「青春の詩」

写真塾でご一緒させていただいているT先輩から

生きる術の素晴らしい名文をご紹介いただいた。

こういう人との出会いに正直幸せを感じる。備忘録として記しておこう。


サミュエル・ウルマン「青春の詩」


若さとは人生のある時期のことではなく、心のあり方のことだ。

若くあるためには、強い意志力と、優れた構成力と、激しい情熱が必要であり、

小心さを圧倒する勇気と、易きにつこうとする心を叱咤する冒険への希求がなければならない。

人は歳月を重ねたから老いるのではない。理想を失うときに老いるのである。

歳月は皮膚に皺を刻むが、情熱の消滅は魂に皺を刻む。

心配、疑い、自己不信、恐れ、絶望、これらのものこそ、成長しようとする精神の息の根を止めてしまう元凶である。

七十歳になろうと十六歳であろうと、人間の心の中には、驚異に対する憧憬や、星や星のようにきらめく事象や思想に対する驚きや、

不屈の闘志や、来るべきものに対する子供のような好奇心や、人生の喜びおよび勝負を求める気持ちが存在するはずなのだ。

人はその信念に比例して若くあり、疑いに比例して老いる。自信や希望に比例して若くあり、恐れや絶望に比例して老いる。

大地や人間や神から、美しさ、喜び、勇気、崇高さ、力などを感じることができるかぎり、その人は若いのだ。

すべての夢を失い、心の芯が悲観という雪、皮肉という氷に覆われるとき、その人は真に老いるのだ。

そのような人は、神の哀れみを乞うしかない。

b0286017_21443817.jpg
b0286017_21444576.jpg
b0286017_20443930.jpg













[PR]
by dolphy_51 | 2014-08-05 21:39